【XCP】NEPONトークン作ったけど、商売には使えないなと思ったので方向転換。ネタコインとして使う。

商売としては使えなさそうなNEPONトークン。

どうも、XCPを使って、前回、「NEPONトークンを作った。」とか言ってた田中です。

ネーポン引き換え用のチケットとして、作ったつもりの仮想通貨NEPONトークンでしたが、方向転換することにしました。

なぜかというと、いろいろ理由が。

ネーポン引き換えチケットとしては使えない理由。その1。

送金に手数料、時間がすごくかかるということ。(本日2017年1月18日現在)

XCP (カウンターパーティー)で作られた独自トークンは、送金に、若干のBTC (ビットコイン)が必要だと言います。

で、若干っていくらなの??

てことで、

試しに本日、 NEPONトークンを送ろうとしてみたが、

手数料 優先度 (高)で、1454円 (平均承認時間 10分)

手数料 優先度 (中)で、1206円 (平均承認時間 30分)

手数料 優先度 (下)で、824円 (平均承認時間 60分以上)

普通に送ろうと思っただけで、送金の手数料が高い!!

1月12日くらいに、試しに手数料を安く設定して、手数料0.000001BTC (約15円くらいだった。)で、NEPONトークンを送る手続きをしてみたが、未だ送金完了せず。手数料を安く設定すると、なかなか届かないのだ。

もし、資金調達のためにNEPONトークンを販売して、NEPONトークンを買ってくれた人にNEPONトークンを送ろうとすると、送金手数料が約1000円もかかってしまう。

さらに、ネーポンと引き換えるために、その NEPONトークを、ぼくに送金してくれる際も、また送金の手数料1000円くらいと、時間がかかってしまう。

行き帰りで、合計2,000円も手数料がかかることになってしまう。

金本位制度の頃のゴールドスミスさんよりも暴利に感じる。

かと言って、送金の手数料を安く設定すれば、送金にかなり時間がかかってしまう。

ネーポン引き換えチケットとしては使えない理由。その2。

仮想通貨の値動きが激しすぎるという理由。

仮に、ネーポン1ケースと交換できる仮想通貨、1NEPONを1万円で販売したいとします。

しかし、仮想通貨は値動きが激しく、ついこないだ (年始)まで、1BTC 200万円だったのが、現在、1BTC  110万円ほどに、ビットコインの価値が半分近く、下落しました。

ついこないだ、0.005BTCで、約1万円だったのが、

今では、0.009BTCで、約1万円です。

ってことで、1BTC 200万円だった時の1 NEPONは、0.05BTCってのと比べると、

1BTC 110万円の現在の1NEPONは、0.009BTCなので、

支払う金額が、日にちによって、1.8倍も違うという計算になります。

この短い期間で・・・。

つまり、10万円集めたと思ったら、ビットコインが値下がったから、5万5千555円になってしまった。

なんてことがあるのだ。

怖すぎるだろw

てことで、これは、このNEPONトークン、商売に使うよりは、遊びに使ったほうがいいなと思いました。

ネーポン引き換えチケットとしては使えない理由。その3。

そもそも、仮想通貨ユーザーの人にネーポンを売ろうとしたのは間違いだったかもしれない。

何に使おうか。このNEPONトークン

でもせっかくのアイデア、『ネーポン・シロップと交換できる通貨、NEPON。』

つまり、金本位制度ならぬ、ネーポン本位制度の通貨ってアイデアは少し面白かった気はするので、ネーポンの流通量に合わせて、NEPONトークンも流通させようかなと思います。

具体的には、ネーポン・シロップ1箱買ってくれたお客様に、プレゼントとして1NEPONを渡す。など。

など。あと、ブログでコメしてくれた人にお礼に少しだけ送るとか。

資金調達のために、ICOやろうとして、NEPONトークン作ったけど、なんか昔は、送金が早くて手数料が安いってのが、当初の仮想通貨のイメージだったけど、実際に今更、仮想通貨に手を出して実感した感じでは、思った通りには扱いづらい感じでした。

ネタコイン的とかには、まだXCPのトークン使えるかもと思った。

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です