【モナバー東京 営業妨害? 本当の閉店理由は?】ネーポンシロップが、Twitter上で、モナバー東京さんに「個人製作の飲食物」と言われた時なにがあったのか?

どうも。ネーポン田中です。

1990年代に中島らもさんの著作や、TV番組、たけしさんまの世界超偉人伝説などで、話題になったネーポンをシロップとして復活させ、ネーポンシロップとして販売しています。

タブーになっている、モナバー東京の店主が大量の複数Twitterアカウントを使って営業妨害などを行っていた疑惑

僕は、モナバー東京が主張している、脅迫や営業妨害により閉店した。という主張は嘘じゃないかと思っています。

その理由は、モナバー東京の店主が逆に営業妨害をしていた張本人だということを多数の証拠により知ってるからです。

自身が営業妨害をしていたことについては一切謝罪もしない人間のいう言葉を僕は信用できないと思っているからです。

証拠は現時点で公開できる分だけ公開しています。

噂は以前からあったようですが、おそらく、このことは、触れてはいけないタブーのようになっていて、僕以外、今は誰もこの話題については発信していません。

でも僕はそういった話題にしてはいけない、触れてはいけないタブーみたいな話題が仮想通貨の世界にあるっていう事のほうが怖いと思っています。

僕自身第三者であるなら、僕自身があえて記事にする事もなかったんですが、僕自身が、そのモナバー東京と思われる複数アカウントによって攻撃され被害を被っているので、このことを公共の利益のために頑張って書かせていただきます。

この度、正式に僕の口から、どういう被害があったかというのを軽くだけでも言っておかないとマズイなぁと思ったので今回だけ記事にさせていただくことにしました。

ここまで酷いことを、モナバー東京の店主と思われる人物にされて、加害者被害者を演じているのを知っていて黙って見ていることが良いことだとは思わないからです。

モナバー東京の店主と思われる人物が、複数アカウントを使って僕の製品の間違った悪評を広めた時、僕自身、モナバー東京の店主とTwitter上で言い争ったことがあります。

その後、モナバー東京の店主が、(おそらく自身が悪いことをして告発されただけなのに) 脅迫されていたなどと、大げさに発信しました。

おかげで一部のモナバー東京の信者のような方から、まるで僕自身がモナバー東京を脅迫した犯人かのような扱いを受けたりしました。

モナバー東京さんがいい加減なことを言って同情を集めているおかげで、非常に迷惑しているんです。

先日4月14日、僕はこういうことをTwitterで呟きました。

で、実際フォロアーが減ってしまいました。

本当のことを言ったらフォロアーが減る。

しかも一般の人ではなく、モナコイン界隈の事業をしている方 (ちょこたろ先生というモナコイン界隈で、コーヒ販売している方には、「みんなのTLでは喧嘩して人がいるの?僕には見えないよ?」と嫌味なエアリプをされてフォロー外されました。)も含め、多数去って行きました。

モナコイン界隈は村社会だと言う方がいますが、村社会というのは本当のことを言うと村八分にされてしまうのかなって思うくらい怖い気持ちです。

正直ネーポンシロップを購入してくださっている現在のお客さんの大半はモナコイン界隈、ビットゼニー界隈の方たちです。

このままではネーポンシロップがモナコイナー、ビットゼニー界隈で、村八分にされてしまうのではという危惧 (きぐ)もあるので、あんまり言いづらいんですが、

(実際モナバー東京の信者のような、根拠なくモナバー東京さんを信じている方には、今まで仲良くしていた方にもブロックされたり、心ないことを言われたり、避けられたりして辛い思いをしています。モナバー東京さんの口車に乗って心ない言葉を言ってきた人たちからの謝罪は、今も一切ありません。)

前置きは一旦やめて、事実だけを書きます。

で、この事実があった時、どう思うのが自然なのか。

モナバー東京の店主は複垢を使って自作自演し、気に入らないTwitterアカウントに対し攻撃していたと僕は考えています。

僕はモナバー東京さんが、Twitterの複数アカウントを使って自作自演をしていると感じました。

もし仮に僕が発言したこと (モナバーが複垢を使って間違った情報を拡散していた。) が事実ではなかった (間違いだった) としても(ないですが。)、

そう僕が思った理由 (上記のように誤認(誤認のわけはないですが。))くらいは共感していただけるのではないかと思っています。

僕が根拠のないデマを発信しているのではなく根拠に基づいて発信したことだということくらいはわかっていただけると思います。

モナバー東京がネーポンシロップを「個人製作の飲食物だ。」と言った時、何があったのか?

騒動自体は、togetterというTwitterのまとめサイトでまとめられているので、そちらのURLを以下に載せておきます。

ネーポンシロップとモナバーの騒動まとめ (https://togetter.com/li/1336933)

簡単に、要点と事実だけを書きます。

2019年2月27日、ネーポンシロップについてモナバー東京さんは、ネーポンシロップに対し、以下のように発言されました。

ネーポンシロップは個人製作の飲食物ではなく設備の整った工場で製造していただいておりますし、食品衛生法の表示に基づくラベルも貼っていただいています。

保健所の指導でとやかく言われるような製品ではありません。

もちろん僕は、「作ったけど儲からないから在庫処分したい。」など言ってません。

事実その1:故意である故意でないにしろ、モナバー東京の女性店主さんはネーポンシロップについて間違った情報を発信しているのは事実で、現在も謝罪も訂正もしていません。

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です