【レビュー】小沢健二とSEKAI NO OWARIの、フクロウの声が聞こえる。と、Liam Gallagherの、Wall of Glass買った。フリッパーズギターみたいだ。

もはや、ネーポン全く関係ないが。

CD買って嬉しいから書いてみた。

聴くの楽しみである。

オザケンも復活したし、リアム・ギャラガーも、ソロ復活的な感じやし。

小沢健二とSEKAI NO OWARI『フクロウの声が聞こえる』を買って、聴いてみた感想。レビュー

去年の魔法的のツアーに行ったので、SEKAI NO OWARIと一緒に歌ったバージョンではなく、小沢健二だけのバージョンで、すでに聴いてた。

だから、CD買うまでは、SEKAI NO OWARIのボーカル (深瀬)と一緒に歌うって??どうなるんだろう???

オザケンの声だけの方がいいんじゃないんじゃないのか??

とか思ってたけど。

いきなり歌い出しが、深瀬。

実際聴いてみたら、これはいいわ。

全然違和感ないわ。

どころか。

いやー素晴らしい。

事前に、上の動画を見て、みんなの楽しそうな雰囲気が伝わってて、そのおかげで違和感なく聴けたのかもしれないし。

聴く前は、深瀬とオザケン、どっちもボーカルで、どうなんの??

なんかスチャダラパーとのコラボとかは、まー、ラップとのコラボだしわかるんだけど。とか思ってたが。

実際聴いてみると、この感覚は、このCDの感覚は、

そう。フリッパーズギターの、小山田圭吾と、小沢健二が一緒に歌ってた頃の感覚。

メインボーカルの小山田圭吾が、SEKAI NO OWARIの深瀬くんになったというか。(実際、フリッパーズギター時代の作詞は小沢くん。)

(SEKAI NO OWARIの深瀬くんには失礼だが、フリッパーズギターの頃の小山田圭吾のボーカル思い出した。)

それでいて、オザケンのボーカルも存分に聴けるという。

ああ。こういう歌が、もしフリッパーズギターの頃にあったなら聴いてみたかったなって、少し思うというか。

ありですわ。

歌い出しを、深瀬くんにしたのも、ありですわ。

良いですわ。

もう、オザケン、SEKAI NO OWARIのメンバーに入ったらいいんじゃないかとまで思いそうな。

だけど、あんまりずっと一緒にいて、仲わるくなられても嫌だし、まぁ別々でいいか。

正直、聴く前は、小沢健二のボーカルだけのバージョンがいいなとか思ってたけど、SEKAI NO OWARIだけのバージョンも聴いてみたいと思うくらいSEKAI NO OWARIとのコラボ、良かった。

フクロウの声が聞こえる(完全生産限定盤)

中古価格
¥1,000から
(2017/9/6 21:42時点)

Liam Gallagher (リアム・ギャラガー)の、Wall of Glassを聴いた感想。

んー。これはなんか、聴きたいというよりは、たった1000枚限定のレコードらしく、これは買っておかねば。と思ったから買ったのだ。

 

Wall Of Glass (7″) [7 inch Analog]

新品価格
¥1,679から
(2017/9/6 22:19時点)

ダウンロードだと250円で買えるのだ。

For What It’s Worth

新品価格
¥250から
(2017/9/6 22:17時点)


Youtubeだと、0円で聴けるのだ。しかも映像まで見れる。

でも音はきっとレコードの方がいいははず。

いい気がする。

でも、普段は、レコード聴くのもったいないから、Youtubeでいいやと思う。

スポンサードリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です